忍者ブログ
「肉体は鎮静し、精神は覚醒する」 ギターやウッドベースを弾きながら、 オリジナルの楽曲を歌う助川久美子のBlogです。 *「estrella」はスペイン語で「星」という意味。 音たちが星となり光り輝きますように‥
 

や、やばい、、、このサウンドに惚れてしまった。
恥ずかしながら、初めて見て聴いた楽器Hurdy-gurdy」(ハーディ・ガーディ)。


このメロディーも、ハーモニーも、なんだがとても懐かしく、

この楽器をはるか遠い昔に演奏していたような…。。。。

欲しいなあ☆なんて軽く思って値段を調べたら、
高い!!!!

トンコリに続いてガッド弦の楽器は、とっても魅力的。


PR

時々聴きたくなる曲がある。
ブラジルの奇才・Egberto Gismontiを心躍る思いで聴いていた。

素晴らしい音楽は、私の細胞に染みわたり、体のなかに広がって心を越えて魂にいきつく。

忘れかけた、この振動。。。。。あぁ。。これが真髄だ。

ふと、ネットで彼を検索したら、来日した時のインタビューを発見し、
またまた心躍る!

尊敬する音楽家の音の研究や分析も、おもしろいけれど、
私はそれ以上に、その人の姿勢や何を考えているのか、
そちらの方が、とっても興味がある。

そんな好奇心を満たしてくれるインタビュー。


その中でも、ビビ!ときた一文。

「 私は楽器を演奏しているのではなく、自分の人生を演奏している、…」

ともすれば、楽器を演奏することが主体になってしまいがちな私の今日の神様からのメッセージ。

偉大なる大先輩であり、彼の大きな背中はあたたかくひろく、遠くからでもよく見える。

高い志がむくむくと顔をだした!


彼は、子供たちの音楽教育もやっていて、「子供の「内面の聴覚」を育てる試み」というもの。
内面を育て、音で表現していく…素晴らしいワクワクする!

Egberto Gismontiのインタビュー
http://www.gismonti-live.jp/inter01.html
http://www.gismonti-live.jp/inter02.html