忍者ブログ
「肉体は鎮静し、精神は覚醒する」 ギターやウッドベースを弾きながら、 オリジナルの楽曲を歌う助川久美子のBlogです。 *「estrella」はスペイン語で「星」という意味。 音たちが星となり光り輝きますように‥
fd4.jpg

















FOSTEXのFD-4。

今まで使ってきたMTR。
ストップボタンを使いすぎて陥没してしまい、
ペンを挿入してストップさせていた。

初めて使ったMTRは、カセットテープで人からかりたものだった。

その後、このFD-4をOPUSの石井さんから格安で譲っていただき、
「オトナのための子守唄」の3曲を含めて、「calm awareness」、
その他多重録音は、このMTRで録音してきた。

小平在住時代は雨の音を録音して、多重録音したり‥。。

石井さんがセレクトしただけあって、音が素直で良いMTR。
操作もシンプルで、EQもつまみでコントロールできる。

録音のバックアップ方法がわからない。
録音できる総合時間が少ない。
同時録音数が2ch。

ということで、今回のAW1600購入にいたった。

春になったらAW1600で鳥の声を録音して、
ここでアップしたいと思っている。
PR

aw1600.jpg
















今日、YAMAHA AW1600が到着。

これに決めてホッとしたが、
実際触ってみると、結構重量感がある。

これはMTRといって、録音やミックスやマスタリングができる機械。
ハードディスクに記録される。USBやCD-RWも搭載。

この数週間、どのMTRにしようか考えて、考えて。
ネットで検索しまくりでした。

私の悪い癖で、調べはじめると際限なく調べ、
結局ぐだぐだになってしまうことがある。

以前使っていたMTR(これもハードディスク記録)もまだありますが、
今後の音の管理や使い勝手を考えると、
なかなか録音する気になれなくて。。。。

手ごろな値段のMTRをいろいろ調べていくうちに、
機能が良いもので、ちょっと古いものなら、
なんとか買えるし、ぜひ手に入れたい!
と思っていたのですが、
いかんせん中古なのでHDの心配や
PCとの連携が古くて、いろいろと手を加えなければならない‥。
それも、おもしろそうだったけど、
それよりも、音楽する時間のほうが大切だと思い、
展示品の新品中古を見つけました。(この機種はすでに生産完了品)

今回購入する際の最低条件
1 2ch以上の同時録音可能
2 PCとの連携ができる
3 できるだけ音が素直で良い
4 持ち運びができる重力

3は使ってみなければ、聴かないとわからないですが、
他はクリアしています。

基本的に一人多重録音なので、2ch録音でいいのでは?
と思うかもしれませんが、
今後共演者との一発録音もあると思うし、
いろいろと一人の時もマイクを立てて実験もしたいと思っています。

MTR以外にも、モニタースピーカーやマイクも欲しいです。

まだまだネット検索モードは続くかもしれません。。。