忍者ブログ
「肉体は鎮静し、精神は覚醒する」 ギターやウッドベースを弾きながら、 オリジナルの楽曲を歌う助川久美子のBlogです。 *「estrella」はスペイン語で「星」という意味。 音たちが星となり光り輝きますように‥






12月22日冬至の日は、
Anthony K. and Sound Story Orchestra のライブ演奏で参加します。
中嶋竜一(篠笛/カリンバ/ジャンベ)、助川久美子(ヴォイス/コントラバス)、塚田慎太郎(アコースティックギター)、Emi(クリスタルボウル/ライアー)

全員揃っての演奏です。お楽しみに♪





グランドルフィンライアーのお披露目もあるそうで、気持ちの良い楽器が集まるおまつりになります。

ヨガマットなどご持参いただいて、ゆったりと、ごろごろしてもらえたらと思います。
ぜひ今年の疲れを癒しに遊びに来てください。


【郡山市教育委員会後援・郡山市民音楽祭参加事業】
『ポンカワンカ』
ー全てのものの”親”になることー
一人ひとりが自分の意思を持って生きること
その一人ひとりが集まって、真の平和を築いていくこと
生み出すことと、育むことの豊かさを味わい
全ての親になることの意味を探っていく
---------------------------------------
12月22日(土)
★会場:郡山ミューカルがくと館 中ホール 
福島県郡山市開成1-1-1 ☏024-924-3715
★開場:17時30分 開演:18時~終演予定:20時30分
★料金:大人2000円/18歳以下800円/未就学児無料
★お昼寝ライアー、ライアー体験
13時30分~練習室にて
参加費:大人2000円/18才以下800円
音まつりとセットで
大人3500円/18才未満1500円
-----------------------------------------------------
<演目予定>
●短編映画「ポンカワンカ ‐全てのものの”親”になること‐」上映(30分)
●ライブ演奏:Anthony K. and Sound Story Orchestra(セリフのないサウンドストーリー)
●癒しの体感演奏:Emi(クリスタルボウル、ライアー、その他)
●クリスタルボウル&ソウルサウンドライアーコンサート ※ソウルサウンドライアーは、シュタイナー教育の教材です。
●自由参加セッション:出演者とセッションしたい方、楽器(ライアーなど)をご持参ください。
<出演者紹介>(担当楽器は予定)
〇中嶋竜一(篠笛/カリンバ/口琴/ジャンベ)青森県津軽地方で生まれ、「ねぶた」などの祭文化で篠笛の奏法を習得。「コンカニ・フミ(アイヌ語で“金色の音色”)」の異名を持つ。インターネット篠笛コンテスト2017にて、審査員特別賞およびオリジナル楽曲演奏賞を受賞。
〇助川久美子(ヴォイス/コントラバス/ギター)武蔵野美術大学のJAZZ研でウッドベースを担当。2004年、ビクター主催の楽曲オーディション「Music for LOHAS」にて、審査員満場一致で最優秀アーティスト賞/最優秀楽曲賞を受賞し、シンガーソングライターとしてメジャーデビュー。
〇塚田慎太郎(アコースティックギター)ロック、ジャズ、ブルーグラス、ケルティック音楽等を経て、現在はアコースティック・ギターで独自の世界観を表現。中嶋竜一(篠笛)とのデュオで「和」と「ケルト」の融合を試みている。 オリジナル楽曲多数。
〇Emi(クリスタルボウル/ライアー、その他)ヨガ講師、ヒーリング楽器奏者、キールタン(歌うヨガ)講師、パステル画家、アロマセラピスト。倍音豊かなヒーリング楽器を駆使し、五感すべてに働きかけ、心と身体を解放する癒しのパフォーマンスを展開中。
〇えんじぇるず
ソウルサウンドライアー演奏、ライアー体験など
宇宙初!
3種4台のグランドルフィンライアーの演奏お披露目もお楽しみに!
<映画「ポンカワンカ」について>
この短編映画(30分)は、映像・音楽・字幕で物語が綴られる「セリフのないサウンドストーリー」です。物語は、ある男の臨死体験を描いています。プロデューサーのAnthony K.が実体験をもとに原作・監督・制作・音楽監修を務めています。
■主催:ポンカワンカな福島 
https://ponkawanka-fukusima.jimdofree.com/
■問い合わせ:
(浦山)080-6029-2237
(櫻井)090-6256-2655
ponkawanka_fukusima@googlegroups.com













PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック