忍者ブログ
「肉体は鎮静し、精神は覚醒する」 ギターやウッドベースを弾きながら、 オリジナルの楽曲を歌う助川久美子のBlogです。 *「estrella」はスペイン語で「星」という意味。 音たちが星となり光り輝きますように‥
前回の記事に書いてある短編映画の予告編で演奏しているメンバー
Anthony K. and Sound Story Orchestra(略してAKSSO)のHPができました。

https://aksso.howlingwolf.info/

AKSSOは、Anthony K. プロデュースによる、セリフのないサウンド・ストーリーを表現する楽団で、
演目により、メンバーが変わります。


短編映画でも使用している楽曲を、

新たなテーマで再構成したアルバムも制作予定です。

HPの方に、楽曲紹介がされていますので、

ぜひ遊びに行ってみた下さい。


メンバー紹介が、ユニークですねと感想を頂きました。



PR

ようやっと、短編映画の予告編できました!

本編は約30分の短編で、肉声によるセリフがなく、映像と音楽と効果音と字幕で物語を綴る新感覚ムービーです。

ということで、音楽がとっても重要な作品に仕上がっています。




セリフのないサウンドストーリー「ポンカワンカ ~全てのものの”親”になること~」
原作・脚本・監督 Anthony K
音楽 中嶋竜一(篠笛・カリンバ)
   助川久美子(ウッドベース・ボイス)
   塚田慎太郎(アコースティックギター)
   EMI(クリスタルボウル)
音楽は全てオリジナル曲で、同時進行でCDアルバムも制作中。
中嶋さん、塚田君のオリジナル曲に加えて、みなで即興的に音楽を作っていきました。

豊かな音楽世界もお楽しみください。








ミドリとピンクのサイケなこの季節、AKの短編映像作りのお手伝い。

当初は先日のライブで演奏した「悟りへの道」をテーマにした作品を映像化する予定だったけれど、

AKの夢の師匠リアルY子先生に仮映像を見せたところ、

「あなたが描きたいものは悟りへの道ではない」という深く的確なアドバイスをもらい、

本当に描きたいものを、再構築、再編集中。ということでタイトルもテーマもすべて変更。
なんだかこのプロセスは、どこかでも目にした感じだけど。。。映像につける音もどうなるか。。。
ということで、「悟りへの道」のダイジェスト映像をYouTubeにアップしたものは、削除しました~

今月いっぱいは映像制作の日々が続きそうですが、乞うご期待!



一昨日は、身心変容研究会那須合宿の一コマでのライブ演奏。

学術的に研究されている有名な先生方が集まり、深めていく合宿とのことで、

今回は、いつもの演奏だけではなく、

「悟りへの道」をテーマにした、音で綴るサウンドストーリーを初上演。



演出・作が、アンソニーK。

篠笛の中嶋竜一さんが、最近一緒に演奏している、20代のギターの塚田慎太郎君と共に、
台本があるので、それにあわせて選曲から構成、音作りを一緒にやりました。

慎太郎君のギターがとても重要で、音の背景を作ってくれます。

所々、効果音も入れながらのライブ。


以下ライブの感想を頂きました。

あっという間の時間で、集中して聴けました。
まったく飽きませんでした。
こんな音楽は初めて聴きました。
新しい試みで素晴らしかった。


終わった後、ふわっとしたものが立ち上るような、そんなものを感じ取れたライブ。
やって良かった。の一言です。

音響の神成さんありがとうございます。。。。



せっかくなので、今回のこの実験的なライブの演奏会を那須でやりたいと考えています。

そして、アンソニーKが「悟りへの道」を映画化するぞ!と気合いを入れて、映像作品も制作中です。

お楽しみ!

 


KOWさんとは20年ぶりの再会♪
演奏・歌と共に洗練されてました。ブラジル音楽のテイストがちりばめられていました。



宗教学者・哲学者の鎌田東二さん。
沢山本も書いていらっしゃる学者さんなのですが、
神道シンガーソングライターという肩書もあり、
オリジナルな世界観で歌ってくれました。

最後は皆でセッション!



まさこさんの心のこもったお料理も美味しく頂きました。

ありがとうございます。

















次回ライブは、那須某所にて、
音で綴るセリフのないサウンドストーリー「悟りへの道」をやります。


なかなかこのような試みのライブは、ありそうでないかもしれません。
悟ったことがない未熟な私がやるには、畏れ多いテーマですが、
挑戦します!

映画を作るようにスクリプトに沿って演奏していきます。

いつもと違う緊張感を伴いますが、面白いです。


もしご興味があれば、メールフォームからご連絡ください。
ライブ詳細を送ります。



 
言葉をいっさい使わず、楽器と声だけでストーリーを描くライブです。
 
全5曲。上演時間約40分(MCなし)。
 
 
 
<構成・演出>
 
Anthony K.
 
<出演>
 
中嶋竜一:篠笛、カリンバ、パーカッション
 
助川久美子:ヴォーカル、ウッドベース
 
塚田慎太郎:ギター
 
 
 
第一章 迷路
 
一人の求道者が悟りへの道を求める。しかし、その道は厳しく、葛藤、苦悩、逡巡が次々に襲い、人生のありとあらゆる誘惑にくじけそうになる。
 
 
 
第二章 教えと歩み
 
求道者は聖者の門を叩き、教えを乞う。聖者は慈愛と熱意に満ちた説教を施す。やがて求道者は覚悟を決め、修行の道を歩み始める。最初はぎこちない足取りが、徐々に確かな歩みへと変わる。
 
 
 
第三章 光明
 
突然天啓がもたらされ、求道者はめくるめく光に包まれる。その光が一瞬静止したかと思うと、次の瞬間視界が開け、目の前に広大な原野が広がる。
 
 
 
第四章 異次元への旅
 
いつものように祈りを捧げる求道者は、突然聴こえないはずの音を聴き、見えないはずの世界を見る。やがて求道者は時空を超え、異次元世界に突入する。
 
 
 
第五章 大団円
 
求道者がたどりついた世界は、時間も場所も超越した「今、ここ」。永遠と無限がひとつになり、すべてが一体となった世界。やがてそこに、女神の愛が降臨する。